介護福祉士 平成25年度(第26回)試験問題

生活支援技術

生活支援技術

問題41 生活支援を行うときの視点として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.介護職の持つ知識より、経験を重視する。
2.利用者のできないことに焦点を当てる。
3.利用者の生活歴を理解して行う。
4.利用者が1人で生活行為ができることを目的として行う。
5.利用者の性生活に関する情報は考慮しない。

答え:正解 3
1.× 性格に基づかない経験重視は、不適切と言えます。
2.× 利用者ができないことではなく、出来ることに焦点を当てることで活力が生まれます。
3.○ 利用者の生活歴の理解は、サービスの方向を決めるのに有効です。
4.× 最終的な目標ではありますが、あくまでもまず当面の目標はQOLの向上です。
5.× 利用者にとって性の問題は重要であり、無視してはいけません。

 

問題42 住環境と健康に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.シックハウス症候群(sick house syndrome)は、生活が不活発なために全身の機能が低下することをいう。
2.熱中症(heatstroke)は屋内でも発生する。
3.ヒートショックは、熱湯や熱風を浴びることで生じるやけどのことである。
4.ダニの死がいはアレルギー症状の原因にはならない。
5.浴室などのカビは健康に影響がない。

答え:正解 2
1.× シックハウス症候群とは、建材等から発生する化学物質などの空気汚染等に由来する様々な健康障害です。
2.○ 熱中症は、屋外だけではなく室内で安静にしていても、温度、湿度の状態によっては脱水症状に陥り、発症することもあります。
3.× ヒートショックとは、温かい居間と暖房のない浴室などの温度差によって、血圧の急激な上昇(下降)が引き起こされることです。突然死の大きな要因です。
4.× ダニの死がいや排泄物は、アレルギー反応を起こすことがあります。
5.× カビの種類によっては、カビ毒が作られて健康を損なうことがあります。

 

 

問題43 Jさん(70歳、男性)は、右片麻痺があり、妻と二人暮らしである。週1回の通所介護(デイサービス)と、週1回の自宅での訪問介護員(ホームヘルパー)による入浴介助を受けている。移動は四脚杖歩行で、排泄と入浴は一部介助が必要である。Jさんは居住環境を整備して、できるだけ今の生活を維持しながら妻の負担を減らしたいと望んでいる。

       Jさんに対する介護職の助言として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1.車いすで出入りができるようにトイレを広くする。
2.トイレでの排泄をやめて、寝室にポータブルトイレを置く。
3.浴槽の出入りをしやすくするために、リフトを設置する。
4.部屋の出入り口にある段差をスローブ(slope)にする。
5.トイレの中に手すりをつける。

答え:正解 5
1、2、3、4 × Jさんは四肢杖歩行が可能であり、車いす対応のトイレ改造、ポ
ータブルトイレやリフトの設置は不要です。また、スロープへの改造よりは
トイレの中に手すりを設置することが適切です。
5.○ トイレに手すりを設置することで、杖を用いない手で手すりを使用可能となります。

 

 

問題44 経鼻経管栄養の利用者の口腔ケアに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.口腔から食物を摂取していないので、口腔ケアは不要である。
2.スポンジブラシは、したたるほど水を含ませて使用する。
3.経管栄養が終わってすぐの口腔ケアは避ける。
4.口腔ケアを始める時に固定テープがはがれていたら、留め直す。
5.仰臥位で行う。

答え:正解 3
1.× 経鼻経管栄養の利用者でも、口の中にはたくさんの細菌が存在しており、自浄作用が低下していることから、誤嚥性肺炎のリスクがあります。
2.× スポンジブラシは余分な水分を拭き取ってから使用します。
3.○ 経管栄養が終わってすぐに口腔ケアを行うと、嘔吐反射が起こることがあります。
4.× そのまま留め直すのではなく、新しいテープで留め直します。
5.× 仰臥位で行うと逆流する恐れがあることから、必ず半座位で行います。

 

 

問題45 Kさん(85歳、女性)は、脳出血(cerebral hemorrhage)の後遺症で右片麻痺があり、施設に入所している。食事の時以外は、ベッドで寝ていることが多い。車いすに乗って介護職と一緒に散歩に行くことが楽しみである。

      Kさんの散歩の介護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1.散歩の場所は介護職が決める。
2.散歩中の顔色や表情を確認する。
3.歩行しないので靴は用意しない。
4.急な下り坂は、前向きで下りる。
5.散歩の代わりにレクリエーション参加してもらう。

答え:正解 2
1.× 散歩の場所は介護職が決めるのではなく、Kさんの気持ちを優先して決めます。
2.○ 散歩中には思わぬ事態も起こしかねません。異常がないか、常に顔色や表情を確認することが必要です。
3.× 歩行しなくても、外出中に車イスを使えない事態もありうることから、靴を履くようにします。
4.× 車いすで下り坂を下りる場合は、車いすを後ろ向きにして、ゆっくりと下りるようにします。
5.× 本人の意思確認をしてから参加しなければなりません。

 

 

問題46 ボディメカニクスを活用したベッド上の移動介護に関する次の記述のうち、正し物を1つ選びなさい。

1.臥位から座位への介護では、利用者の腰部を支点にする。
2.介護職の重心と利用者の重心との距離は、離れているほうが良い。
3.利用者の身体とベッドの接する面積を狭くする。
4.水平移動では、介護職はベッドの端に両肘をつける。
5.腰痛予防のため、介護職は主に腕の筋力を活用する。

答え:正解 3
1.× 臥位から座位への体位変換では、利用者の腰部ではなく、介護者の腰部を支点にして行います。
2.× 介護職と利用者の重心の距離は、近いほうが安定感があります。
3.○ ベッド上の移動では、利用者の身体とベッドの接する面積を狭くすると移動しやすいです。
4.× ベッドの端に両肘をつけると、腕が固定されて利用者を十分に引き寄せることができないので不適切です。
5.× 腕の筋力ではなく、背筋などを活用して、てこの原理を利用することが重要です。

 

 

問題47 歩行のための福祉用具に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1.歩行器は、杖に比べて安定性がある。
2.歩行器型杖(ウォーカーケイン)は、歩行が比較的安定している場合に用いる。
3.シルバーカーは、自立歩行が出来ない場合に使用する。
4.ロフストランドクラッチ(Lofstrand crutch)は、関節リウマチ(rheumatoid arthritis)がある人に適している。
5.固定式歩行器は、左右のフレームを交互に持ち上げて使用する。

答え:正解 1
1.○ 歩行器は、杖によりも安定性はありますが、小回りは効きにくいです。
2.× 歩行器型杖(ウォーカーケイン)は脚立のような形の杖であり、体を支えることが困難な場合に使用します。
3.× シルバーカーは、自立歩行を補助するものであり、荷物を入れるスペースや、休息用座面などのさまざまな機能がついています。
4.× ロフストランドクラッチ(前腕固定型杖)は、通常の杖に体重が支える握りと前腕を支える腕支えを備えたものであり、下肢に体重をかけられない骨折、捻挫、股関節、下肢切断、片麻痺などの利用者の歩行補助に用いられます。
5.× 固定式歩行器は一定の形に固定されており、全体を持ち上げて進む歩行器です。

 

 

問題48 高齢者の身体機能の変化に対応した食事の提供方法として、適切なものを1つ選びなさい。

1.味覚の低下に対しては、調味料を多用する。
2.唾液分泌の低下に対しては、主食をパンにする。
3.腸の蠕動運動の低下に対しては、根菜類を積極的に取り入れる。
4.咀嚼力の低下に対しては、肉料理を控える。
5.口渇感の低下に対しては、酸味のある味付けにする。

答え:正解 3
1.× 調味料を多用すると、高齢者の味覚が鈍ることから適切ではありません。
2.× パンは誤嚥しやすく、注意が必要といえます。
3.○ 根菜類を摂取することで、腸の蠕動運動を活発化して便秘対策となります。
4.× 程度な硬さのある肉料理は、咀嚼力を鍛えるのに適していて、栄養面からも控えるのはあまり好ましくありません。
5.×酸味のある味付けは、口渇感を増加させるので不適切といえます。

 

 

問題49 食事介護の基本として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.立って介護する。
2.介護職に向けて食事を並べる。
3.初めにお茶や汁物で口の中を湿らせてもらう。
4.主菜を食べ終えてから、主食を食べてもらう。
5.全介助の場合は、2〜3口ごとに飲み込んだことを確認する。

答え:正解 3
1.× 立ったまま介護するのは威圧感を与えるだけではなく、口元をよく確認できないことから、不適切です。
2.× 食事は、介護者ではなく利用者に向けて食事を並べます。
3.○ いきなり固形物から食べ始めるとむせることがありますので、あらかじめ口の中を湿らせておくといいでしょう。
4.× 主菜と主食のいずれかを食べ終えてから次に移るのではなく、交互に食べるようにします。
5.× 全介助では、2〜3口ごとではなく、一口ごとにきめ細かく確認をしなければいけません。

 

 

問題50 慢性腎不全(chronic renal failure)の人の食事について、正しいものを1つ選びなさい。

1.砂糖を控える。
2.肉や魚を控える。
3.みそ汁を毎食とる。
4.乳製品を毎食とる。
5.野菜は生でサラダにする。

答え:正解 2
1.× 慢性腎不全では、蛋白とカロリーの制限は行うが、砂糖の摂取を控える必要はありません。
2.○ 腎機能障害が進行してきた場合には、蛋白制限、塩分制限、カリウム制限などの食事療法を行うことから、カリウムの多い肉や魚を控える必要があります。
3.× みそ汁塩分が多いことから、制限が必要となります。
4.× 乳製品には蛋白質が多いことから、制限が必要となります。
5.× 野菜にはカリウムが多いことから、サラダのように生のままで摂取するのは好ましくありません。

 

 

問題51 右片麻痺があり一部介助があれば歩行できる利用者の入浴介護として、適切なものを1つ選びなさい。

1.浴室内では、介護職は利用者の左側に付き、胸と腰を支えながら一緒に移動する。
2.浴室の出入り口に一段の段差がある場合は、左足から下がり、右足から上がる。
3.浴槽に入るときは、まず右足を入れ、次に左足を入れる。
4.浴槽から出るときは、浴槽の縁やバスボードにいったん座る。
5.介護職が利用者の全身を洗う。

答え:正解4
1.× 介護職は利用者の麻痺側につくようにします。
2.× 利用者には右片麻痺があることから、麻痺のある右足から下がり、麻痺のない左足から上がるようにします。
3.× 利用者には右片麻痺があることから、麻痺のない左足から入れなければなりません。
4.○ 浴槽の縁やバスボードにいったん座ることで、できる限り不安定な状態を短縮するように努めます。
5.× 介護職が全身を洗ってしまっては、利用者のリハビリにつながりません。利用者が自分で洗えるところは自分で洗ってもらうようにします。

 

 

問題52 手浴・足浴に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1.手浴は、温めた手指を動かすことで拘縮の予防につながる。
2.手浴は、寝た姿勢のままで行う方が良い。
3.足浴は、眠気がとれて覚醒する。
4.足浴は、冬場は寒いので避ける。
5.手浴・足浴の時間は、長いほど良い。

答え:正解 1
1.○ 拘縮とは関節の回りの柔らかい部分が短縮したり、癒着して、関節の動きが制限されることです。
2.× 寝た状態よりは起き上がった状態で行う方が好ましいです。
3.× 足浴は、全身の血流を促して快眠につながります。
4.× 足浴は、冬場でも全身浴のように入浴後に体が冷える恐れが少ないです。
5.× 長時間の入浴は、余分なエネルギーを消耗することから好ましくありません。

 

 

問題53 Lさん(79歳、女性)は、介護老人保健施設に入所している。右片麻痺、両変形性膝関節症(knee osteoarthritis)がある。トイレまでの移動が困難になってきたため、夜間は、ポータブルトイレを使用することになった。座位保持は可能である。居室は個室で、ベッドを使用している。

 Lさんへの対応として、適切なものを1つ選びなさい。
1.ポータブルトイレは、利用者の右側に置く。
2.ベッドの高さより、低い座位のポータブルトイレを選ぶ。
3.ベッドにスイングアーム介助バーを設置する。
4.夜間はズボンを履かず、下着だけとする。
5.排泄物は、朝、まとめて片づける。

答え:正解 3
1.× 右側ではなく麻痺のない左側に置く方が移動しやすく使いやすいです。
2.× ポータブルトイレの便座の高さは、ベッドの高さより低いものを選ぶのではなく、ベッドの高さより低いものを選ぶのではなく、ベッドの高さに揃えておくとスムーズに移乗させやすいです。
3.○ スイングアーム介助バーとは、スイングアームが開いて、ベッドからの移乗や立ち上がりをサポートするベッド手すりのことです。
4 × 夜間であっても下着だけにすることは不適切です。
5.× 排泄物は、そのままにしないで、その都度片づけるようにします。

 

 

問題54 下痢が続いている要介護高齢者への対応に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい

1.水分摂取を控える。
2.肛門周辺の皮膚を強く拭く。
3.温めた牛乳を提供する。
4.下痢以外に訴えがないので、ようすを見る。
5.排泄物は感染源として取り扱う。

答え:正解 5
1.× 下痢が続いている時に水分を控えると脱水の危険性があります。
2.× 皮膚を傷めないように、優しく拭くことを心がけます。
3.× 乳糖不耐性症などのように牛乳を飲むことで下痢を悪化させる場合があります。牛乳が苦手な利用者もいることに留意しなければなりません。
4.× 下痢であっても医師などに状況を報告して指示を受けるようにしなければなりません。
5.○ 排泄物の処理には手袋やマスクを着用するなど、十分に注意しなければなりません。

 

 

問題55 クーリング・オフに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.デパートで購入した洋服は、どのような場合でもクーリング・オフできる。
2.訪問販売のクーリング・オフ期間は、10日間である。
3.訪問購入のクーリング・オフ期間は、5日間である。
4.通信販売の場合、クーリング・オフできない。
5.訪問販売でのリフォーム工事は、工事完了後はどのような場合でもクーリング・オフできない。

答え:正解 4
1.× デパートで商品を選んで購入したような場合には、クーリング・オフは適用されません。どのような場合でもクーリング・オフできるわけではありません。
2.× 訪問販売のクーリング・オフ期間は、法定書面を受領した日から8日間です。
3.× 訪問購入のクーリング・オフ期間は、法定書面を受領した日から8日間です。
4.○ 通信販売には、クーリング・オフの制度は適用されません。
5.× 訪問販売でのリフォーム工事の場合は、工事完了後であっても、8日以内であれば、契約先に書面で解約意思を伝えることで一方的に解除できます。

 

 

問題56 洗濯に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい

1.血液などのタンパク質の汚れには、高温での洗濯が効果的である。
2.淡色のものを洗うときには、蛍光増白剤の入った洗剤を使用する。
3.洗剤は、多く使用すればするほど汚れがよく落ちる。
4.水洗いできるウール・絹には、液体酸素系漂白剤を用いる。
5.ドライクリーニングは、主に水溶性の汚れを落とすのに適している。

答え:正解 4
1.× 高温ではタンパク質が凝固することから不適切です。
2.× 蛍光増白剤には、目に見える青白い光(蛍光)に替える効果があります。淡色のものは蛍光増白剤で洗うと色合いが変わってしまいます。
3.× 洗剤の量は選択する衣料の量に合わせて使用します。洗剤を入れすぎると溶けきれず衣料についたままになるなどの不具合が生じます。
4.○ 液体酸素系漂白剤の主成分は過酸化水素であり、弱酸性、ウール、絹にも使用できます。
5.× ドライクリーニングは、主に油性の汚れを落とすのに適しています。

 

 

問題57 Mさん(78歳、男性)は一人暮らしをしている。糖尿病性網膜症(diabetic retinopathy)があり、薬と食事でコントロールしている。毎夕食の宅配サービスと週2回の生活援助の訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用しているが、配食サービスのメニューにたびたび不満をもらしている。ある日、訪問介護員(ホームヘルパー)が訪ねると、食事の外に菓子パンや和菓子などの空き袋が残っており、前日の薬をのみ忘れていた。

 訪問介護員(ホームヘルパー)の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1.「好きなものを食べたいですよね」と共感する。
2.「のみ忘れたお薬は、まとめてのみましょう」と服薬を促す。
3.「お菓子はだめですよ」と注意して、お菓子のカロリー相当分の主食を減らす。
4.「何がお好きですか」と尋ね、制限の範囲で好物を食事に取り入れる提案をする。
5.「もの忘れ外来に行きましょう」と受診を勧める。

答え:正解 4
1.× 「好きなものを食べたいですよね」は共感をいえません。
2.× 服薬は医師の指示通りに行わなければなりません。薬の併えのみは、成分によっては害となります。
3.× 注意することは適切だが、医師などの指示がないまま食事を減らすのは厳禁です。
4.○ Mさんの意向にも配慮しており、適切といえます。
5.× 受診の勧めは、訪問介護員が単独の判断で行うべきではありません。

 

 

問題58 認知機能が低下している利用者が、深夜、不眠で施設を歩き回っている。この利用者への対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.部屋に戻り、寝るように促す。
2.いったん座るように促して、話を聞く。
3.納得するまで1人で歩いてもらう。
4.睡眠薬の服用を促す。
5.すぐ、同室者の話を聞く。

答え:正解 2
1.× 利用者は認知機能が低下しており、行動の制限は逆効果となりやすいです。
2.○ なぜ起きているのか、話を聞いてあげなどの対応が好ましいです。
3.× そのままでは事故につながりかねません。
4.× 医師の指示なく睡眠薬を服用させてはなりません。
5.× 深夜に同室者に話を聞くのは不適切です。

 

 

問題59 介護老人福祉施設での終末期の事前の意思確認として、適切なものを1つ選びなさい。

1.90歳を超えれば、事前の意思確認は必要ない。
2.本人が意思表示できれば、家族の意向は確認しない。
3.入所時の意思を尊重して変更しない。
4.介護員が、医療処置の範囲を説明して了解を得る。
5.確認した内容を書面にする。

答え:正解 5
1.× 利用者が何歳であっても意思確認は必要です。
2.× 本人はもちろん、家族の意向も確認しなければなりません。
3.× 本人の意向が変わっているかもしれないので、現在の意思を確認します。
4.× 医療処置の範囲の説明は、医師などの医療職の業務です。
5.○ 終末期の看取りについて利用者の意思を確認して書面にしておかねばなりません。

 

 

問題60 施設での終末期介護に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい

1.マッサージや好きな音楽の鑑賞は、疼痛や不安の緩和に有効である。
2.死への恐怖を訴えた場合は、それを否定する。
3.清拭を家族が行うことを避ける。
4.食事はカロリー摂取に重点を置く。
5.使用薬剤の特徴は把握しなくてもよい。

答え:正解 1
1.○ 利用者の趣味・嗜好を出来る限りケアに取り入れることが望ましいです。
2.× 死への恐怖の否定は、利用者の安らぎにつながりません。まず、利用者の話をよく聞いて受け止めることが重要です。
3.× 家族にも清拭をともに行ってもらうことは、利用者の安らぎにもつながります。
4.× 栄養面の配慮も必要だが、本人の好みのものに重点をおくほうがいいです。
5.× 使用薬剤の特徴の把握は介護職として当然の責務といえます。